巨乳役が夢だった!? 川栄李奈

写真拡大

 女優の川栄李奈が13日、ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場で行われたテレビドラマ「僕たちがやりました」制作発表会見に来場、巨乳の女子高生という役柄について「わたしの夢でした」と話した。この日は窪田正孝、永野芽郁、新田真剣佑、間宮祥太朗、葉山奨之、今野浩喜、水川あさみ、三浦翔平も来場した。

 週刊ヤングマガジンで連載されていた同名コミックをドラマ化した本作。「そこそこ」の人生でよかったはずの4人の若者たちが、ある事件を起こしてしまい逃亡するさまを描く青春サスペンスドラマだ。川栄は、主人公トビオ(窪田)の仲間である伊佐美(間宮)と付き合っている巨乳で小動物系のエロかわ女子・新里今宵を演じている。

 司会者から今宵について紹介された川栄は、「さっきから巨乳という言葉があるたびに、間宮くんの冷たい視線が……。偽りだろうみたいな……。でもわたしの夢が『つまっている』ドラマなのでお願いします」とアピール。原作には今宵と伊佐美の過激な描写もあり、地上波のドラマでどこまで再現されるのか注目されるが、間宮は「実は1日だけ(川栄が)朝からずっと僕とトビオ(窪田)からキスされたり、押し倒されたりする“川栄デー”があったんです。あれはハードでしたね」と振り返りつつ、「でもドキドキでした。横を見るとかわいい寝顔があったりしたんで」と笑顔を見せた。

 一方の川栄は「なんか何でもいいかなと思っちゃいました」としつつも、「でもすごく慣れているお二方なので、リードしてくださいました」と述懐。それに対して劇中で童貞という設定の窪田が「いやいや、童貞ですよ。何をおっしゃいますやら。やめてください」と慌ててみせて、会場を笑いに包んだ。

 
 窪田は劇中のシーンについて「あるシーンで、僕が上に乗っていたのをひっくり返して、川栄さんがマウントをとってほしいという監督の指示があったんです」と紹介。「(川栄の)慣れていないけど、思いっきりやってやろうという心意気は伝わったんですけど、(勢い余って)僕がベッドと窓の隙間にはまっちゃって動けなくなってしまったことがありました。『川栄、やるときはやるよ』という感じでした」と続け、会場を沸かせた。

 また、トビオの幼なじみの高校生・蒼川蓮子役は永野が担当している。窪田は永野について「3、4年前に映画を一緒にやらせていただきましたけど、変わらず真っすぐな目で見つめてくるんで、時々生きていてごめんなさいという気持ちになる。ピュアで真っすぐなところは変わっていないと思います」と語った。

 劇中には蓮子がトビオの背中にとび蹴りをしてビックリさせるというシーンがある。このシーンの撮影でとび蹴りがうまくいかず、何度も窪田を蹴ってしまったという永野は「嫌な顔ひとつせずに何度も蹴られていただいて助かりました」と感謝。「しませんよ! 何度でも蹴られます」という窪田に、三浦も「芽郁に蹴られるならいいよね」と同意していた。(取材・文:壬生智裕)

テレビドラマ「僕たちがやりました」は7月18日夜9時よりカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送開始