「プロデュース101」出身チャン・ムンボク、クォン・ヒョンビンへの愛情をアピール“ずっと願っていた”(動画あり)

写真拡大

チャン・ムンボクがクォン・ヒョンビンに会って「プロデュース101」出演当時の思い出を振り返った。人並み外れたケミ(ケミストリー、相手との相性) の二人、今夜の主人公は二人だ。

昨日(12日)、NAVERのライブ配信アプリ「V」では、Mnet「プロデュース101」シーズン2に出演したチャン・ムンボクのライブ放送が行われた。この日、クォン・ヒョンビンがゲストとして出演した。

チャン・ムンボクはファンに「初伏(チョボク:暑気払いのため滋養食を食べる韓国の年中行事) だ。サムゲタンは食べましたか? 初伏、中伏、末伏、そしてムンボクがある。初伏、中伏、末伏は夏にしかないけど、ムンボクは全シーズンずっとファンのそばにいる」と愛嬌を振りまいた。

またチャン・ムンボクは「ダニエルがコンサートで僕を軽くおんぶしてくれた。背中が広かった。スリルがあった」と感想を伝えた。

その後、スペシャルゲストのクォン・ヒョンビンが登場した。二人は昔の人気バラエティ「危険な招待」のように、お互いがよくする行動や言葉などを書いて、番組が終わるまでそれをするたびに罰則を受けることにした。

二人は「プロデュース101」シーズン2を思い出した。二人は、公演から宿所生活まで回想した。

チャン・ムンボクとクォン・ヒョンビンは、ファンの大きな愛情に感激した。続いて「そのおかげで、僕たちがこうやってライブ放送をしています」とファンに感謝を伝えた。

特にチャン・ムンボクは「プロデュース101」に出演した当時を思い出しながら「クォン・ヒョンビン、君だけは上がって欲しいと願っていた」と、クォン・ヒョンビンへの愛情を示した。この際、クォン・ヒョンビンは「兄さんがこうやって話す間に、罰則がどれだけ積まれているか考えたことないの?」と言い、笑いを誘った。