12日、重慶晨報によると、韓国で先日、美容整形する人を対象に高金利で金を貸していた関係者20人余りが逮捕された。写真は韓国ウォン。

写真拡大

2017年7月12日、重慶晨報によると、韓国で先日、美容整形する人を対象に高金利で金を貸していた関係者20人余りが逮捕された。返済できない女性には性的な仕事で金をつくるよう脅していたという。

被害者の一人、女子大生のAさんは「顔がきれいになれば大学の学費ももっと簡単に稼げると思った」と後悔を口にする。遊興施設でのアルバイトで得たお金を学費や生活費に充てていたが、賄い切れなかったため美容整形を決意。「鼻を高くしてあごが細くなれば収入が増える」と考えたそうだ。最低でも1000万ウォン(約100万円)かかる手術代のためにAさんは「整形ローン」を申し込んだが病院を自分で選ぶことはできず、指定された病院に目、鼻、輪郭の手術を依頼。しかし、整形後も収入が大幅に増えることはなく、さらに毎月約100万ウォン(約10万円)に上る返済がAさんを圧迫、返済がたびたび滞ったことを理由に性的な仕事をするよう迫られたという。

逮捕されたグループは遊興施設で働く若い女性ら378人に利率37.9%で計55億ウォン(約5億5000万円)を貸していた。また、患者を紹介した見返りに病院側から手術代の30%を受け取っていたという。(翻訳・編集/野谷)