アウクスブルク宇佐美が1ゴールに手応えも慢心なし 「アピールしないといけない立場」

写真拡大

ドイツ2部カイザースラウテルン、途中出場で1ゴール 「取れたのは良かった」

 アウクスブルクFW宇佐美貴史はドイツ2部カイザースラウテルンとの練習試合で1ゴールを決めるなど2-0勝利に貢献したなか、クラブ公式ツイッターが試合後のショートインタビューを投稿。

 宇佐美は「得点が取れたのは自分にとっても良かった」と手応えを口にしている。

 試合は後半2分にFWラウール・ボバディージャのゴールでアウクスブルクが先制したなか、ベンチスタートの宇佐美は途中出場。すると後半30分、右からのクロスをエリア内左で受けた宇佐美は、対峙するDFをかわしてから右足のシュートを叩き込んだ。得意の形でゴールを奪い、ポジション奪取に向けて猛アピールした。

 試合後のインタビューで宇佐美は「すごく体も疲れていますし、チームもきつい状況ですけど勝てたのは良かったですし、得点を取れて、失点ゼロで抑えられたのは良かったです」と返答。さらに自身の1ゴールについては、「もちろんアピールしないといけない立場ですし、得点が取れたのは自分にとっても良かったかなと思います」とコメントした。あくまでアピールする立場と慢心は見られず、気持ちを引き締めながらもゴールを喜んだ。

 昨季は11試合(先発5)に出場するも、バイエルン・ミュンヘンに在籍した2011-12シーズン以来となるリーグ戦ノーゴールと悔しさを味わった宇佐美。チームはまだ動き始めたばかりだが、「すごく厳しい練習は積んでいますけど、良いトレーニングを積めていますし、良い時間を過ごせているなと思います」と充実感を漂わせており、アウクスブルクでの2シーズン目は輝きを放てるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】アウクスブルク公式ツイッターで投稿された試合後の宇佐美ショートインタビュー

https://twitter.com/FCA_jp/status/885435377905016833

アウクスブルク公式ツイッターで投稿された試合後の宇佐美ショートインタビュー