心臓発作で倒れたアヤックスの超新星、脳に「重大な損傷」と診断。クラブが発表

写真拡大

ブレーメンとの練習試合で心臓発作を起こし、突如倒れたアヤックスMFアブドゥルハーク・ヌーリ。

オランダ世代別代表の常連で将来を期待されていただけにその容態が心配されていたが、ショッキングな知らせが舞い込んだ。

アヤックスによれば、今回の心臓発作によってヌーリの脳は深刻な損傷を受けたという。

アヤックスが発表した声明は以下の通り。

「アヤックスは、アピー・ヌーリの脳は深刻で永久的な傷害があると診断されたというニュースに深い悲しみを覚えます。
我々の思いと祈りは、こうした困難な時を送る彼と彼を愛する方に向いています」

当初は応急処置の成果もあって容態は安定していると伝えられていたが、不整脈が原因で脳にダメージを負っていたようだ。

アヤックスはヌーリの診断結果について、「深刻で永久的な脳傷害がある(diagnosed with serious and permanent brain damage)」と発表している。

この傷害によってどの程度の行動が制限されるかは分からないが、"permanent"という言葉から一種の障害が残るのではないかと考えられる。となると、あの圧倒的なテクニックはもう見ることができないということになるが…。

アヤックスのチーフエグゼクティブを務めるエドウィン・ファン・デル・サールは「起こりうる中で最悪のニュースだ。衝撃を受けている」とコメント。

また、「アブドゥルハークは非常に素晴らしい才能を持っている。しかし不運にも、もしも彼の身にこのようなことが起きていなかったとして、その際に彼がどれほど成功していたのかを知ることはできなくなってしまった」と話しており、ヌーリの選手キャリアが終わってしまったことを仄めかしている。