【詳細】他の写真はこちら

カラーリングはどことなくBMWっぽい……かな?

最近はエコブームの影響もあり、自動車だけでなくバイクも電動モデルが増加しています。2017年になってBMWも電動スクーター『BMW C evolution(シー・エヴォリューション)』を国内投入しましたよね。

でも、そこまで本格的なバイクは要らないよ……という人のためなのかはわかりませんが、海外のBMW Motorradは、バイクよりも手軽に乗れる電動キックスケーター『X2City』を発表しました。価格は2500ユーロ(約33万円)以下を予定しているとのこと。2017年末に販売が始まるそうです。

細やかな速度制限と安全設計が好印象





『X2City』は、後輪に装備されたブラシレスモーターにより、最高25km/hでの巡航が可能なんだそう。ハンドルバーにある操作ユニットで8〜25km/hの間から5段階で走行速度を調節できる仕組みになっています。前後輪のディスクブレーキは十分な制動能力を期待できそうですし、なにより車両の速度が6km/hに達していないとモーターが動作しないという安全設計が面白いところ。

また、408Whバッテリーを搭載しており、走行可能距離はおよそ25〜35km。バッテリーの充電には家庭用のコンセントが利用でき、充電は2.5時間ほどで完了するんだとか。

車体装備も充実





本体重量20kgと決して軽くはありませんが、車体の折りたたみが可能。公共交通機関への持ち込みや、クルマのトランクへの積載も可能とのこと。ライトやブレーキランプが装備されているのは当然ながら、ディスプレイユニットにはマイクロUSB端子まで用意されていて、スマホなどの充電も行えるそうです。

幅広いユーザーに対応可能





ハンドル部分が上下に伸び縮みするため、『X2City』には身長160〜190cmまでのライダーが乗車できます。乗車推奨年齢は14歳以上。海外ではヘルメットを必要としない免許区分「Pedelec25」となるようですが、いつものことながら日本で本車両に乗車する場合はナンバーの取得と対応する免許の携帯が必須となるでしょう。

このクオリティで、しかもBMWブランドとなると、日本でも欲しい人はたくさんいると思うんですけどね。

文/塚本直樹

関連サイト



BMW Motorradによるプレスリリース(英語)