手袋で食事を与えたミス南アフリカに批判の声(画像は『Miss South Africa 2017 2017年7月5日付Instagram「Winter is for yummy soup, fresh bread rolls and cozy blankies supporting」』のスクリーンショット)

写真拡大

このほどミス南アフリカでモデルの女性が、ヨハネスブルグの孤児らをチャリティー企画のために訪問した際の写真が一部で「差別行為だ」と炎上する事態となっている。英『Metro』や『Independent』など複数メディアが報じている。

7月5日、2017年のミス・南アフリカに選ばれたデミ=リー・ネル=ピーターズさん(22歳)はヨハネスブルグ市内にあるソウェト地区で、飢えた人々に温かい食事を提供する“スープ・キッチン”のボランティアの一員としてチャリティーイベントに参加した。

イベントでは孤児かHIV陽性、もしくはその両方の問題を抱えている子供たちに、他のボランティアたちとともに食べ物を提供した。その後、デミさんはイベントの様子を伝えようと、ひとりの子供に食べ物を渡している写真を自身のTwitterやInstagramに投稿した。するとユーザーらはデミさんがはめていたラテックス(天然ゴム素材)の使い捨て手袋に注目し、「なぜ、子供たちと触れ合うのに手袋をしているのか」「病気感染を恐れて手袋をしたのか」「黒人の子供を触るのが嫌だから手袋をはめているのか」「差別だ」「ミス南アフリカともあろう人物が、黒人に触れるのに手袋とは何事だ」などといったデミさんを非難する声が相次いだ。これらの声に対してデミさんはTwitterで次のように弁明している。

「私は差別主義者ではありません。あの場にいたボランティア全員が、小さな子供たちに食べ物を手渡すことに関して衛生面を考慮して手袋をするように言われたのです。みなさんが思っていることは完全に誤解です。私にとってはこの日、300人ほどの子供たちが温かい昼食をとれたことが何より大切でした。手袋をしていたことで、みなさんの反感を買ってしまったのなら謝ります。でも誤解されて悲しく思っています。」

チャリティーを企画したディレクターのキャロル・ディアンティさんも「SNS上の批判はまったくもってバカバカしいことです。スタッフのメンバーやボランティアたちも食事の準備をする間は全員手袋をしていました。食べ物を取り扱うので手袋は必須です。この日は成功した一日となりましたが、世間の関心が手袋にいってしまったことを非常に残念に思います」と話した。

それでもネット上の批判はおさまらず、翌日になっても「衛生面というならば、なぜエプロンやヘアネットをしないのか」という声や、Twitter上には手袋をしてパソコンのキーボードを触っている写真や飲み物を作る時にも手袋をしている写真とともに「衛生面を第一に考慮しています」という皮肉ったツイートも見受けられた。

南アフリカでは1994年にアパルトヘイトが撤廃されて以降も、黒人差別に対する問題は非常に敏感で、デミさんの慈善行為は不幸にも「黒人差別」さらに「HIVへの偏見」を露わにしたとターゲットになってしまったようだ。

このニュースを知った人々からは「食べ物を扱うのに手袋をするのは基本でしょ!? それで差別呼ばわりされるなら今度から“サブウェイ”のスタッフに『手袋をしているけど、それって差別!?』と言えばいいのかしら」「すぐになにかと差別、差別という人たちって単に愚かなだけ。騒ぎたいんでしょう」「じゃあ何? 彼女が素手で食べ物を触って子供たちに渡した方が安全で清潔だとでもいうの!?」「デミさん、非難した人たちに謝る必要なんてないよ」「学校の給食スタッフも手袋してるわよ。大変! うちの娘、差別されているのかって学校に文句言わなきゃ!」といった声があがっている。

画像は『Miss South Africa 2017 2017年7月5日付Instagram「Winter is for yummy soup, fresh bread rolls and cozy blankies supporting」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)