「CanCam」卒業を発表した山本美月(C)モデルプレス

写真拡大

【山本美月/モデルプレス=7月13日】モデルで女優の山本美月(やまもとみづき/26)が13日、22日発売の雑誌『CanCam』9月号をもって、同誌専属モデルを卒業する。ここでは、山本がCanCamで8年愛された理由を探りたい。

山本美月「CanCam」専属モデル卒業へ<本人コメント>

山本は2009年7月、福岡在住の高校3年生の時『東京スーパーモデルコンテスト』でグランプリを受賞し『CanCam賞』を受けたことから専属モデルデビュー。同誌12月号では徳澤直子、西山茉希ら先輩モデルと共に、いきなり表紙に登場した。

最初から見開きで特集が組まれるなど、注目を集めたシンデレラガールであった山本。当時、高校在学中の山本は黒髪で初々しい笑顔が印象的だった。そして2010年には高校卒業と共に、福岡から上京。本人はInstagramで「入ってから数年は全然1カットも載ってない号もあったり、小さいカットしかなかったり、プライドがズタズタになるような時期も、正直ありました笑」と語っていたが、読者からみれば髪型やメイクを変え、元の美しさをますます磨いていく様子を見せた山本は、等身大のモデルとして情報を発信していた。

また漫画やアニメ好きを公言するなどその親しみやすいキャラクターも、読者の共感をよんだ。

◆8年間で37回表紙に 看板モデルとして活躍


そんな山本は2012年2月号にて単独初表紙を飾る。そして2013年10月号では、当時同誌史上初となる42ページの大特集が組まれた。そのタイトルも「山本美月がモテる理由」。当時すでに“看板”モデルとして活躍していた山本の男女双方からの人気が分かる企画だった。その後も同誌をリードし続けてきた山本。この8年間で37回の表紙を飾った。

先輩モデルが卒業し後輩モデルも多数加入。自身も大学を卒業し、女優としても活躍し始める。誌面で山本の雰囲気が変わったように感じることがあった。少し年齢が上がったことも要因かもしれないが、“等身大の女の子”というイメージから“憧れのモデル”といった感じを受け取った。

また誌面では“甘め系”を得意とする山本だが、以前モデルプレスがインタビューした際、私服は「ボーイッシュだったりカジュアルだったり」と話していた。SNSでも「どんどんファッションが好きになってくると自分の好きなものが分かっていって、実はCanCamファッションと自分の好きなファッションの差に悩んだ時期もあったりして。でもCanCamモデルでいる私も、私は大好きでした。2人の自分を味わえて」と振り返っているように、もしかするとモデルとしてCanCamで活躍するのに、演じていた部分もあったかもしれない。

誌面やテレビなどで、その努力家な一面や真面目な素顔が明かされることも多い山本。8年もの間、読者から愛された裏には多くの努力があったのだろう。

◆山本美月、CanCam卒業


13日、9月号をもって同誌専属モデルを卒業することを発表した山本はCanCamでの活動を「常に上を見て走り続けてきた感じでした」「CanCamモデルとしては全部出しきったと思います」と振り返った。

CanCamで見られなくなるのは少し寂しいが、女優・モデルとしてこれからも活躍する山本を見守りたい。(modelpress編集部)

情報:山本美月

【Not Sponsored 記事】