DFダニエウ・アウベスがグアルディオラ監督に謝罪

写真拡大

 DFダニエウ・アウベスが新天地としてマンチェスター・シティではなくパリSGを選んだことについて、ジョゼップ・グアルディオラ監督に謝罪している。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えた。

 今季限りでユベントスを退団した34歳のD・アウベス。かつてバルセロナで一緒に過ごしたグアルディオラ監督が率いるシティに移籍するのではないかと思われていたが、12日にパリSGへ2019年6月30日までの2年契約で加入することが発表された。

 D・アウベスは「もしグアルディオラやシティが傷ついたのなら、謝るよ」と謝罪しつつも、「僕は優勝するためにここ(パリSG)に来たんだ」と移籍の理由を説明。「僕は3度、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で優勝した経験がある。それをここでも生かしたい」。昨季にユベントスであと一歩まで迫った欧州制覇を今度こそ叶えるべく、パリSGを新天地に選んだようだ。


●欧州移籍情報2017-18

●セリエA2017-18特集

●プレミアリーグ2017-18特集