梅雨どきに気になるのが、家のカビ&ダニ。「梅雨入り後から夏にかけて、発生しやすい環境に。大繁殖してから退治するのは大変ですし、放置しておくと健康被害が起きる危険も。カビ・ダニは汚れを栄養源にするので、活動が活発になる前にしっかり掃除し、取り除くことがおすすめです」と、ハウスクリーニングのプロである尾崎真さん。

「カビは水回りはもちろん、窓サッシなどにも発生します。一方ダニは、エサになるアカや食べカスが豊富な、ベッドやソファが要注意。各スポットの特徴を押さえ、洗剤や道具を使い分けるのがコツです」。

その方法をさっそく伝授してもらいましょう!【フローリングの掃除法】隙間に入り込んだダニはフロアワイパーで除去


●掃除法

フローリングの隙間は、ダニの絶好のすみかです。毎日の掃除では取りきれないため、週に一度ダニを意識した掃除を。板の目に沿ってフロアワイパーをゆっくりかけ、ダニを捕獲します。その後、掃除機を同様にゆっくりとかけます。●予防法

フローリングにチリやホコリがあるとダニのエサに。毎日の掃除機がけで残さず吸い取るように。床に落ちた髪の毛やお菓子のかけらなどは、気づいたらすぐに取りのぞく習慣をつけましょう。【壁の掃除法】薄くついたカビは重曹水で。強くこすらないよう注意!


柔らかいスポンジを選んで●掃除法

表面に薄くついたカビ汚れは、重曹水(水100ccに重曹小さじ1)をつけたやわらかいスポンジで軽くこすり洗いします。重曹を使えるのは、ビニール製の壁紙のみ。しみついた黒カビを完全に取り除くのは難しく、はり替えが必要な場合もあります。●予防法

壁のカビは、室内環境を工夫することで予防できます。「家具は壁から少し離して置き、天気のいい日は窓をあけ、こもった湿気を追い出して」。手アカを小まめにふき取るのも、カビ予防に有効です。【畳の掃除法】カビはエタノール、ダニはスチームの力でしっかり取ります


●掃除法

天然素材の畳は、油断するとカビやダニが発生することがあります。「表面についたカビは濡れたぞうきんに消毒用エタノールをつけ除菌。定期的にスチームアイロンをあててダニ死滅させ、掃除機を使ってダニの死骸を吸い取ります」。●予防法

毎日の掃除は、畳の目に沿って掃除機をゆっくりかけ、ホコリを残さないこと。「食べこぼしなど、こびりついた汚れに気づいたら、すぐに塩をすり込み汚れを吸着させ、古歯ブラシでこすり落としましょう」。【ソファの掃除法】食べカスや汚れを放置せず、ダニの発生を抑えて


●掃除法

布製ソファのクッションや背もたれとの隙間に潜む、ダニやダニの死骸。「ダニは60℃で死滅するので、スチームアイロンを当てると効果的。その後掃除機がけを」。隙間のダニには、細い隙間用ノズルをつけて掃除機をかけます。●予防法

毎日の掃除でソファにも掃除機をかけ、ホコリをためないようにします。お菓子のカスが落ちたらすぐ取り除く、換気をするなど小まめにケア。カバーが外せるものは定期的に洗濯しましょう。【クッションの掃除法】ビニール袋を入れて天日干しすれば、ダニも一網打尽!


●掃除法

ダニが多く発生するクッションは、晴れた昼間に天日干しに。「ビニール袋にクッションを入れ2〜3時間干します。密閉することで温度が上がり、ダニが死滅しますよ」。取り込んだら掃除機をかけ、ダニの死骸を吸い取って。●予防法

クッションは小まめにベランダに運び、布目に入り込んだホコリをたたいて払います。「カバーは定期的に洗濯を。その間にクッション本体は天日干しするといいでしょう」。【カーテンの掃除法】基本は丸洗い!普段は掃除機でダニを吸い取る


●掃除法

カーテンの布にホコリがたまると、ダニのすみかに。「湿度の高い部屋ではカビも発生し、風に乗って部屋じゅうにカビの胞子をまき散らします」。生地の表示に従って洗えるものは丸洗いし、難しければクリーニングに出しましょう。●予防法

小まめに掃除機をかけ、布目に入ったホコリをしっかり取ります。「カーテンのひだを伸ばしながらゆっくりヘッドを動かして。レールについたホコリを水ぶきするのも忘れずに」。【サッシの掃除法】古歯ブラシを使いパッキンについたカビを取る


古歯ブラシを使いパッキンについたカビを取るパッキンについたカビを取るには、古歯ブラシを使って。

●掃除法

水滴やホコリがたまりやすい下側のパッキンが、カビスポット。「軽いカビ汚れは、古歯ブラシに重曹水をつけ、こすり落とします。がんこなカビは、カビ取り剤を使って」。汚れが落ちたら、かたく絞ったぞうきんでふき取り仕上げます。●予防法


お掃除棒も活躍!定期的に窓やサッシのホコリをふき取り、土ボコリなどのこびりつきは、古歯ブラシでこすり落として。「サッシの狭い溝は、お掃除棒を使うとラクにきれいになりますよ」。※お掃除棒のつくり方


簡単につくることできます<1>割り箸を持ち、半分に折ったペーパータオルが箸の先端より少し出るよう差し込む
<2>割り箸を手前に回しながらペーパータオルを巻きつけ、輪ゴムでとめて完成!【除湿機の掃除法】タンクは水アカがたまりがち。フチのカビもしっかり取るのが大事!


●掃除法

タンク内は、使用するうちに水アカやカビが発生してしまいます。「2週間に一度は中性洗剤とスポンジでタンク内を洗います。水洗い後、水をはったオケにクエン酸30gを入れ2時間ほどつけおき、フチについたカビはブラシで取り除いて」。●予防法

タンクにたまった水を捨てるとき、ブラシでこすり洗いし、汚れの付着を予防しましょう。「水アカやカビはタンクの底やフチに付着するので、古歯ブラシでフチをこするのも忘れずに」。●教えてくれた人
【尾崎真さん】
全国に1300店舗以上を展開する『おそうじ本舗』の企画担当。ハウスクリーニングの最新技術の研究・開発を行うほか、お掃除アドバイザーとして、雑誌やテレビでプロの技を伝授する

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>