『カーズ/クロスロード』のイベントに登壇した奥田民生と藤森慎吾

写真拡大

ディズニー/ピクサーの人気シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』の7月15日(土)の公開を記念し「マックィーン応援フェス」と題したイベントが、7月13日にEX THEATER ROPPONGIで開催。声優を務めた松岡茉優、藤森慎吾、山口智充が登壇し、チアダンスチームや応援団と一緒にパフォーマンスを披露した後、本作の日本版エンドソング「エンジン」を担当した奥田民生が、応援歌としてフルコーラスで同曲を初披露した。

【写真を見る】松岡茉優、スリット入りの黄色いドレスの全身ショット

立教大学チアダンスチーム LUMINASと共に、相方の中田敦彦との音楽ユニットPERFECT HUMANで培ったキレキレのパフォーマンスを披露した藤森。奥田は藤森に「応援っぽかったです。PERFECT HUMANよりいいんじゃないですか。女子との方がいいと思います」とほめると、藤森は「ありがとうございます!」と喜んだ。

その後、「エジソン」を歌い終えた奥田は「終わって良かったです」とほっとした表情を見せた。松岡たちは奥田の生歌にしびれた様子。山口は「ルート66とかへ行って、これをかけながら突っ走りたい。サビ、最高です」と興奮しながら、サビを替え歌にして歌うと、会場から拍手が上がる。

奥田の大ファンだという藤森は「カッコ良すぎます」としみじみした表情でうなる。「中学生のとき、『愛のために』(奥田民生の曲)を買って、ずっとカラオケで歌ったりしてたので。たまたま、プライベートで入ったお店でお会いして。その時以来で大興奮でした」。

松岡も「ありがとうございます」と奥田に感謝する。「はとこが3歳と小学生ですが、この曲が大好きで、ずっとyoutubeで聴いてて。全世代の方に聴いてほしいです」。

『カーズ/クロスロード』で、天才レーサー“マックィーン”を待ち受けていたのは、新たなハイテク世代の台頭と、レース人生を揺るがす大クラッシュだった。マックィーンは新たな相棒クルーズとともに“人生の岐路”に立ち、運命の決断を迫られる。【取材・文/山崎伸子】