画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東武鉄道はこのほど、墨田区が進める東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)とうきょうスカイツリー駅付近の連続立体交差事業において、墨田区との施行協定を7月7日付で締結し、事業に着手すると発表した。

連続立体交差事業で高架化される区間はとうきょうスカイツリー〜曳舟間の約0.9km。踏切1カ所が廃止されて安全性が向上するほか、鉄道により分断されていた市街地を一体化することで総合的なまちづくりを図る目的がある。2024年度完成予定で、事業費は約315億円。このうち墨田区が約235億円を負担し、残りの約80億円を東武鉄道が負担する。

東武鉄道は発表の中で「この高架化により、とうきょうスカイツリー駅が改築され、ご利用しやすい駅に生まれ変わる予定です」と案内している。