ユベントスのメディカルチェックを受けるMFダグラス・コスタ

写真拡大

 ユベントスは12日、バイエルンに所属するブラジル代表MFダグラス・コスタ(26)が期限付き移籍で加入することをクラブ公式サイトで発表した。期限付き移籍期間は2018年6月30日までの1年で、買い取りオプション付きの契約となっている。

 2015-16シーズンにバイエルンへ加入し、初年度から活躍したD・コスタだが、昨季は鳴りを潜めて先発出場はわずか14試合。中盤の攻撃的選手の獲得を狙っていたユベントスは、ドイツでくすぶる大器に目を付け、獲得に成功した。

 ユベントスは1年間のレンタル契約で600万ユーロ(約7億8000万円)を支払い、また4000万ユーロ(約51億7000万円)での買い取りオプションも条件として付与されている。契約期間中のパフォーマンス次第では、100万ユーロ(約1億3000万円)が上乗せされる形にもなっている。

 バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ取締役代表はクラブ公式サイトで「バイエルンの経済的な要望はすべて満たされた」とコメント。「彼は新しい挑戦がしたいと考えた。その望みを我々は受け入れた。イタリアでの未来が素晴らしいものになることを祈っている」とD・コスタにエールを送っている。

 D・コスタはユベントス公式サイトのインタビューで「偉大なクラブの一員になれたことを誇りに思っている」と喜びを語っており、「ユベントスでのすべてのビッグマッチで勝利を収めていく」と新天地での活躍を誓った。


●欧州移籍情報2017-18

●ブンデスリーガ2017-18特集

●セリエA2017-18特集