Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ディズニー/ピクサーが贈る最新作『カーズ/クロスロード』マックィーン応援フェスが7月13日(木)、EX THEATER ROPPONGIにて行われ、日本語版声優を務めた松岡茉優、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、山口智充、そして日本版エンドソングを歌う奥田民生がゲストに登壇した。
奥田さんが映画を観て書き下ろした曲「エンジン」は、この日、初めての生歌披露となった。伸びやかな歌声で、素晴らしい演奏を奏でた奥田さんとバンドメンバーには、観客からの大きな拍手が送られた。松岡さんも山口さんも、口々に「格好いい!」、「最高!」とテンション高めだったが、中でも藤森さんが感動を爆発させ、「袖のギリギリまで出て見させてもらいましたが、格好よすぎますね!」とため息。「中学生のときに『愛のために』を買ってカラオケで歌っていたりしたので、すごい嬉しい。すみません、ミーハーで」と藤森さんはノンストップでしゃべり倒し、「もうたまんないっすよ!」と恍惚とした表情を浮かべていた。

『カーズ/クロスロード』は車の世界を舞台に、圧倒的なスケールのアクションと、人間よりも人間らしいキャラクターによる「人生の岐路(クロスロード)」と仲間との絆のドラマを描いた、感動のアドベンチャー。主人公の天才レーサー・マックィーン(CV・土田大)は、新たな世代の台頭を受け、「いったい自分はいつまで走り続けるのか?」と人生の大きな壁にぶち当たる。

「マックィーン応援フェス」という名にふさわしく、松岡さんは「我武者羅應援団」を、藤森さんは「立教大学チアダンスチーム LUMINAS」を従えて登場し、それぞれにパフォーマンスを繰り広げた。その様子を袖で見ていたらしい奥田さんは、チアと一緒に踊った藤森さんのきれっきれのダンスについて、「『PERFECT HUMAN』より、いいんじゃないですか? こっちのほうがいいと思う」と感心の表情で勧めた。アドバイスを受けた藤森さんも、「チャラ男ですからね」とまんざらでもない表情で返していた。

『カーズ/クロスロード』は7月15日(土)より全国にて公開。

(cinamacafe.net)

■関連作品:
カーズ/クロスロード 2017年7月15日より全国にて公開
(C) 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

■関連記事:
週末は『カーズ』漬け! 『カーズ』前2作品が放送
【インタビュー】師の教えを胸に…『カーズ』を通して伝えたい「人生に何が重要かを発見すること」
『カーズ』同時上映! “忘れもの預かりボックス”が大活躍『LOU』
【ディズニー】マックィーンがケーキに!『カーズ』最新作コラボメニューが登場
野村周平、ピクサー史上初『カーズ』実写ドラマに主演!「感情移入しやすかった」