提供:リアルライブ

写真拡大

 小豆島中央高校に通う現役女子高生の2人組ユニット「OLIVE」が、新曲「I LOVE」のミュージックビデオを発表した。

 小豆島中央高校は、2017年4月に県立小豆島高校と県立土庄高校が統合して新設された新たな学校。今回の楽曲を歌う現役女子高生ユニット「OLIVE」の2人は、この2つの高校に通っていた生徒。そんな彼女たちが、偶然にも今回ひとつの楽曲を歌うこととなった。

 同曲は音楽プロデューサーのnao氏を中心とした「オリーブMVプロジェクト」の一環として制作され、監督には桑田佳祐やケツメイシなどのMVを手掛ける、業界屈指の巨匠・山口保幸氏を起用。

 キャストには元宝塚歌劇団で、現在はお笑いタレントとしても活動している女優の彩羽真矢が出演。

 かつてR-1ぐらんぷりで3回戦まで進んだという実績を持ち、情報番組のレポーターとしても関西では知られている彩羽真矢は、作品中でOLIVEという綴りの「O(オー)」と「I(アイ)」を入れ替えると「I LOVE」というワードに変わるという意味のオリーブポーズを披露している。

 PRを担当した府内成憲氏は、「平和と愛の象徴であるオリーブと小豆島をもっと知ってもらい、『究極の恋うた』として新曲『I LOVE』を話題化させたい」と語っている。

 小豆島で行われた撮影は、天使の散歩道として知られる人気のエンジェルロードや絶景で知られる西之瀧などで行われ、小豆島の名産であるオリーブと美しい風景をアピールしており、このミュージックビデオを核として観光誘致にもつなげたい考えだという。

 ミュージックビデオ「I LOVE」OLIVE ver.は、オリーブMVプロジェクトのスペシャルサイトで公開中だ。
 http://olive-ilove.com/