講師の青江氏はテレビ・雑誌でも人気

写真拡大

フェリシモ(神戸市)のお寺カルチャーコミュニティー「フェリシモおてらぶ」は、「おてらの癒やし暗闇ごはん」を、2017年7月29日に大阪の宿坊施設「和空 下寺町」で開催する。

暗闇ごはん用のアイマスクも

7月22日から実写ドラマの放送がスタートする人気の精進料理漫画「サチのお寺ごはん」とコラボ。作品を監修した料理僧・青江覚峰氏を講師として招き、アイマスクで視覚をさえぎり感覚を研ぎ澄ませて食べる「暗闇ごはん」や「ごますり体験」のほか、「とうもろこしすり流し」など、作品に登場する料理等が実際に味わえる。

お土産としてドラマ映像DVD&ポスター、フェリシモの「お麩じゃが」と「車麩レンチトースト」のレシピをプレゼント。暗闇ごはん用のアイマスクも販売する。

参加費は4000円(税込)で、宿泊付きプランは2万2000円(同)。参加人数は先着順で35人まで。フェリシモ、「和空 下寺町」の専用フォームから申し込みを受け付けている。