アキバの路地裏にたたずむ隠れ神社「花房稲荷神社」が修繕工事中 参拝再開は7月中旬

写真拡大

秋葉原の路地裏にひっそりとたたずむ小さなお稲荷さん「花房稲荷神社」(はなぶさいなりじんじゃ)が、6月5日より補修工事中。現在立ち入り禁止となっている。

場所は、中央通沿いにあるリバティ4号店と5号店の間にある路地を入り、途中にある細い路地を進んだ先。



「花房稲荷神社」は、秋葉原の路地裏にひっそりとたたずむ小さな稲荷神社。千代田区のホームページによると、造営されたのは江戸時代だが、現在の社(やしろ)は戦後、地元住民の方々が再建したものとのこと。周囲を建物に囲まれていることや、人ひとりがギリギリ通れるくらいの細い路地を通る必要があることから、一部では秋葉原の隠れスポットとしても親しまれている。


工期は7月中旬までとのこと。


>> アキバの路地裏にたたずむ隠れ神社「花房稲荷神社」が修繕工事中 参拝再開は7月中旬 の元記事はこちら