見事な曲線を描くヒップラインで、ミス美尻に選ばれた高倩さん

写真拡大

 中国東北部にある遼寧省瀋陽市のショッピングモールで6月24日、第1回ミス美尻コンテストが開催された。

 このコンテストには約50人のお尻自慢たちが参加。集まった観衆を前に、曲線美を惜しげもなく披露した。

 見事優勝し、賞金5,000元(約8万円)を獲得したのは、地元出身の19歳、高倩(コウ・セイ)さん。身長170センチ、体重60キロの見事なボディと、鍛え上げたヒップで、7人の審査員たちをうならせた。

 高倩さんは高校を卒業後、フィットネスクラブでトレーナーのアルバイトをしながら、ネットの生放送、いわゆる中国版ニコ生主としても活躍。フィットネスクラブでは、1日6時間のトレーニングに励んでいたという。

 中国のミス美尻誕生に、イギリスメディアも注目。タブロイド紙「デイリー・メール」オンライン版のインタビューで高倩は「タイトな服を着て、街には出られないの。みんなが私を囲んで、お尻を指さすから」と答えている。そのため、今では体のラインが出ないようにダブダブの服を着て外出しているという。

 美尻コンテストといえば、ブラジルで毎年開催されている「ミス・ブンブン」が世界的に有名であるが、高倩さんも、いつかはこの大会に出場することを目指している。

 ちなみに彼女、1カ月ほど前に、海の見えるマンションの一室を購入したばかり。中国版ニコ生主の中には、日本円にして月収何百万円も稼ぐ人がいるというから、高倩さんもよっぽど稼ぎがいいものと思われる。彼女のマンションは、いわば尻で稼いだ“お尻御殿”といえるだろう。彼女のような女性なら、いつまでも尻に敷かれていたいものである。
(文=佐久間賢三)