KNK、メンバーの熱愛&脱退説は「根拠のない噂」…デマ、悪質な書き込みに法的に対応

写真拡大

KNK(クナクン) が虚偽事実の流布や悪意のあるコメントに対して、法的に強硬対応する方針を明らかにした。

KNKは最近オンラインコミュニティとSNSを中心にメンバーの熱愛・脱退疑惑が提起され、物議を醸している。

これに対して所属事務所YNBエンターテインメントは13日、KNKの公式ファンカフェを通じて「根拠のない噂」と一蹴した。

続いて「当社は独自のモニタリングとファンの方々の情報提供を通じて、虚偽事実とデマ、個人を攻撃する文章などの掲示を確認してきた」とし「悪意を持って当社のアーティストの名誉とイメージを継続的に毀損している。これ以上は座視せず、情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律に基づく『虚偽事実摘示による名誉毀損行為と侮辱行為』の容疑で法的に強硬対応する」と警告した。