ウェストハムからアルナウトビッチへ29億円オファーもストークが拒否

写真拡大

▽イギリス『BBC』は、ウェストハムがオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(28)へ獲得オファーを打診したものの、同選手の所属するストーク・シティはこれを拒否した、と報じた。

▽アルナウトビッチは昨季公式戦35試合7ゴール6アシストを記録。安定した活躍をみせており、2013年にブレーメンからストークへ加入して以来、プレミアリーグ通算125試合出場と常にレギュラーを掴んでいる。さらに、新シーズンもチームのスイスへのトレーニングキャンプへ帯同。ストークの主力として計算されている。

▽しかし、選手側は環境を変えたいと願っているのかもしれない。イギリス『プレス・アソシエイション』の報道では、今週初めにウェストハムが2000万ポンド(約29億2000万円)で獲得オファー。アルナウトビッチ本人も移籍希望を提出したとのことだ。

▽ストークはこの入札を拒否しているが、ウェストハムは中国スーパーリーグの天津権健への移籍が12日に完了したFWアントニー・モデストに対して、クラブレコード更新額でのオファーを先月行っていたと囁かれており、FWの新戦力獲得への意欲が窺い知れる。