FIFA ネイマール移籍は正当

写真拡大

ネイマールのFCバルセロナ移籍は正当なものだった。これは、FIFAがネイマール、ネイマールの父親、バルサの不正行為があったというサントスの疑いを退けたことで明確になっている。

【関連記事:ネイマール 乾のエイバルへ?】

サントスはネイマールの移籍に不正行為があったとして、同選手とバルサに対して厳しい処分を求めていた。このプロセスは2015年10月に開始され、サントスは契約を破ったとしてネイマールの6カ月出場停止処分を求めていた。

FIFAはこのサントスの訴えを退けたものの、サントスは正式な回答は受け取っておらず、これを受け取った時点で再度FIFAに訴えるかどうかを決めることになる。
なお昨年、サントスはネイマールに関わる他の件でFIFAによる制裁を受けており、今後サントスがどのような対応を見せるのか見守る必要がある。