楽天の三木谷会長がメッシ&ネイマールらに“二冠”要望 リーガとCLで「必ず優勝してほしい」

写真拡大

バルサ4選手が来日し都内で記者会見 両者の“絆”を強調

 楽天株式会社は13日、今季から「メイングローバルパートナー」及び「オフィシャルイノベーション&エンターテインメントパートナー」を結んだFCバルセロナとの記者会見を都内で開いた。

 会見では三木谷浩史代表取締役会長兼社長がバルサとの絆を強調するとともに、同席したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表FWネイマールらに笑顔でリーガ・エスパニョーラとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を要望した。

 記者会見では三木谷氏が先に登壇し、映像でバルサとのパートナー契約に至った経緯を紹介。その後メッシ、ネイマール、スペイン代表DFジェラール・ピケ、トルコ代表MFアルダ・トゥランの4選手と、クラブのマーケティング及びコミュニケーション担当のマネル・アローヨ副会長が出席した。

 そのなかで最も注目を浴びたのは、やはりメッシだった。三木谷氏と握手しハグを交わした際には、詰めかけた報道陣から他の選手を上回る多くのフラッシュを浴びた。そのメッシは新シーズンの目標について問われると、次のように答えた。

「いつもと同じです。シーズンが始まる時の目標はいつもハッキリしています。FCバルセロナがプレーしてきたことをできればいいと思っています。個人的には新しい監督(エルネスト・バルベルデ氏)、コーチが来ましたから、その人たちと一緒に仕事をして、1年またバルセロナでの日々を楽しみたいと思います」

4選手からは思わず笑みも…

 またトゥランが「すべてのタイトルを獲得したいです。私はそれができると思っています。力を合わせれば、楽天と一緒にできると思います」と語ったこともあってか、三木谷氏は選手に向けてこう話した。

「本当にこのような形でパートナーシップを組ませていただいたので、ラ・リーガとチャンピオンズリーグと必ず優勝してほしいと思います」

 この言葉を同時通訳で耳にした4選手からは、思わず笑みがこぼれた。今回のスポンサー契約、楽天が払う年間の額は日本円にして65億円とも言われている。三木谷氏が、その額に見合う期待を寄せているのは間違いなさそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文・写真 text & photo by Football ZONE web