ひらめきや直感は大事?

写真拡大

ビジネスや、勉強、あるいは人生の選択などにおいては良く悩むことが大切だといわれます。確かに、長く考えることによって、堅実な結論が出る側面はあるでしょう。しかしながら、ひらめきや直感といったものも、ある意味では正しいこともあるのです。

最初がすべて肝心?

マルコム・グラッドウェルによる『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』(光文社)においては、最初の直感についての科学的、合理的な解説がなされています。理由はわからないけれども「これに違いない」と思ったり、あるいは「なにか変だな」といった違和感を感じること、それは人間が本来そなえている能力なのです。

第一感を大事にする

本書で提案されている「第一感」は、本来はそういうものを指し示すものであった「第六感」に代わるものとして提案されています。文字の通り「第六感」は、これまでの五感を前提とするものでした。「第一感」は、その五感の前にあるものとして紹介されます。本書では具体例として、アメリカの美術館が本物として購入したギリシア彫刻を、美術の素養がない何人かが直感で「偽物」と判断したエピソードが紹介されています。特殊な訓練を受けなくとも、人間にはそのようなものを見きわめる能力があると知さられるエピソードでしょう。直感やインスピレーションとは何かを知るためにもおすすめの本です。