(画像左から)仙名彩世、植田景子(演出)、小川友次(歌劇団理事長)、明日海りお

写真拡大

宝塚歌劇団が7月12日、花組公演『ハンナのお花屋さん ―Hanna's Florist―』の制作発表会を行った。花組トップスター・明日海りおが主演するオリジナルミュージカル。ハートウォーミングで、21世紀を生きる我々が求める本当の幸せとは何かを問いかける作品になるという。

作品の舞台はロンドンの閑静な高級住宅地ハムステッドヒースの一角にある花屋。明日海はデンマーク人のフラワーアーティスト、クリス・ヨハンソンを演じ、相手役の仙名彩世はクロアチア出身の少女ミアを演じる。会見の冒頭ではふたりによるパフォーマンスも披露。生花で飾られたステージで、ピアノとバイオリンによる生演奏をバックに、穏やかな曲調のナンバーをふたりが優しく歌い上げた。

明日海の花好きはファンにも広く知れわたっているが、本人は「次の公演がどうやらお花屋さんになりそうだと聞いたときには本当にびっくりしてしまいました。色々な取材の場で花を飾るのが趣味だ、お花屋に行くのが大好きだと言っていました。まさか舞台の上でお花屋さんになれるなんて! 今まで(花好きを)宣伝してきた良かった(笑)」と喜びもひとしおの様子。

一方、この物語を生み出す作・演出の植田景子は「実は今回の公演の企画は、色々悩みました。一番時間がかかった企画かもしれません。海外ミュージカルなどの案もありましたが、すごく悩んだあげく「最初に明日海で現代もの…と言われ思ったのは“花屋の王子様”だったんですよね」とポロっと言ったら、プロデューサーたちがが「それ、いいじゃないですか!」と…。私としては「花組で、花屋の王子ってベタですよ」と言ったのですが(笑)」と、企画の第一歩のエピソードを披露。とはいえ「自分自身も作家として、テーマも含め、非常にやりがいのあるもの。新たな挑戦をできる作品になれば」と意気込みも。

花組は今年、仙名が新トップ娘役に就任し、新たな体制で動き出したばかり。その仙名は「花組でお花屋さん。なんて素敵なんだろうと思いました。幸せを求めて生きている登場人物を、皆さまに共感していただけるように作りたい」と話した。

公演は10月9日(月)から29日(日)まで、TBS赤坂ACTシアターにて上演。チケットは9月3日(日)に一般発売を開始する。