不思議なアートに出会う夏。カメラ片手に佐久島へ

写真拡大

愛知県・一色港からフェリーで約25分。
あちらこちらにアート作品がある不思議な世界「佐久島」は、思わず写真を撮りたくなる風景が広がっています。

今回は、この夏の旅先にオススメしたい「佐久島」の魅力をご紹介します。

アートの島「佐久島」とは

愛知県にある離島「佐久島」は、豊かな自然の中に野外アートが点在する“アートの島”として知られています。島の自然環境や景観を活かして制作・展示されたアートは、どれもフォトジェニック。
自然に囲まれ、ビルも商店街も信号機もなく、のんびりとした時間が流れる島の雰囲気も素敵です。

自然を感じる佐久島アートめぐり

雨が降っても船は出せますが、風が強いと船が出せません。風の強さや方角は、島の生活に大きく影響するのです。そんな佐久島らしい、風を感じるアートに注目。

壮大な海を目の前に、石積み堤防の上で60羽のカモメが風を見る「カモメの駐車場」や、ポツリと佇む「おひるねハウス」は、箱の中を抜ける潮風を感じることができます。

真っ白な東屋「イーストハウス」

「おひるねハウス」の対岸にある真っ白な2つの東屋「イーストハウス」もフォトジェニックなスポットのひとつ。
風が吹いていない日ならば、階段で屋上に上がり、目の前に広がる景色を独り占めすることもできます。

ふたつの白い箱をつなぐ長い通路は、実はベンチなのだそう。夕暮れ時には、ここに座って佐久島で過ごした1日をぼーっと振り返るのもいいですね。

ここにしかない懐かしい風景

路地に入ると、木製のガラス引き戸や古い看板が残されていて、まるで昭和時代にタイムスリップしたような雰囲気が広がります。

黒壁が続く集落は、潮風から家屋を守るためコールタールを塗っていた名残り。かつて「三河の黒真珠」と呼ばれていた風景を、今も見ることができます。

島カフェでほっとひといき

佐久島には、若いオーナー達が営むカフェがちらほら。元々は島の住民ではなく、佐久島に移住してカフェを始めたのだそう。

「Cafe OLEGALE」は、友達の家におじゃましてるかのような、優しい雰囲気のお店。素潜り漁師が獲った新鮮な魚介と島の野菜を使ったランチメニューや、野菜のかき氷など、体に優しいメニューがそろいます。

黒壁の集落のはずれにある「カフェ百一」は、古民家を改装したカフェ。
二階の窓からは佐久島の海を一望できます。

レトロ雰囲気の落ち着いた空間で、自家焙煎珈琲とスイーツをいただきながら海を眺めて至福の時間を過ごしましょう。

撮った写真を見返しながらアート旅をふり返るのもいいですね。

木に囲まれた入口がわくわくした気持ちをかきたてる「Oyaoya cafe もんぺまるけ」。
古民家の昔ながらの雰囲気をそのまま残したような店内は、あちらこちらに懐かしさを感じさせる雑貨や家具が。

こちらのカフェでは、島の素材を使用したスイーツがいただけます。
自家栽培の野菜や島で採れた素材を使った「Oyaoya(おやおや)和菓子の3種盛り」は、手作りの優しさが味わえる、和スイーツ。ぜひ味わってみて。

島めぐりは自転車がおすすめ

佐久島にはバスなどの交通機関がありません。たくさんのアートや景色を見て回りたい人は、自転車を利用するのがおすすめ。佐久島は自転車で2時間ほどで、島をぐるっと一周できます。
東西それぞれの港の近くでレンタルできますよ。

***
いかがでしたか?
ゆったりとした時間が過ごせるアートな島「佐久島」。
今年の夏は、カメラを持って島旅に出かけてみませんか?

ことりっぷの最新記事