〜夢の水槽〜「地球」では、地球に棲む生き物たちをテーマに、海や川等に棲息する魚類を中心に地球儀型水槽で展示を行う

写真拡大

しながわ水族館では、7月15日(土)より「しながわ水族館の夏休み」として、〜夢の水槽〜「地球」をはじめとする様々なイベントを開催する。

【写真を見る】リニューアル工事が完成したペンギンランド

〜夢の水槽〜「地球」では、地球に棲む生き物たちをテーマに、海や川等に棲息する魚類を中心に地球儀型水槽で展示を行う。第1弾は、日本を代表する魚として“金魚”を展示。さらに地球議型水槽上の大陸部分でプロジェクションマッピングの投影も開始する。

そして、ペンギンランドのリニューアル工事が完成。マゼランペンギンが生息する南アメリカ大陸南端の風景に近づけ繁殖環境等を整えた上に、来場者が間近でペンギンたちを観察できるように観覧スペースも拡張。新しく、広くなったペンギンランドで、のびのびと生活するマゼランペンギンたちを眺めることができる。

7月15日には、〜夢の水槽〜「地球」、ペンギンランドリニューアルの公開と同時にベストセラー『へんないきもの』の著者として有名な早川いくを氏とコラボした夏の特別展「愛のへんないきもの展〜口あんぐりの子孫の残し方〜」を開催。開催記念として、品川区の観光大使であるサンリオの人気キャラクター「シナモロール」もサプライズで登場する予定だ。

さらに進化したしながわ水族館に、是非、足を運んでみて。【ウォーカープラス編集部/オオツカナナ】