サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「レッドソロモンの好走必至!」

写真拡大

 今週は函館で「函館記念」が行われる。過去6年連続で1番人気馬が馬券圏外に敗れている荒れるハンデ重賞。このレースを得意にしている万券王・水戸は、レッドソロモンを本命視。はたして今年も大荒れとなるのか!?

 今週の重賞は函館記念のみ。ハンデ戦であり、よく荒れる重賞の一つとして知られる。

 思い出話を一つ。以前、北海道競馬は札幌開催が先で、その札幌から函館記念が終わるまで、長い時は2カ月半もの長期逗留を余儀なくされた。

 札幌滞在の際は、時にはニュース、話題集めを目的に日高の牧場取材も義務づけられていたこと。そして、夜遊びも重なって出張費が底をつくのは毎度のこと。宿代が何日か分払えないという状況になり、やむをえず伸るか反るかの大勝負に出ることもしばしばだった。

 1993年の函館記念は忘れもしない。他社の仲のいい記者に頭を下げ、5万円ほどの資金を得て、じっと我慢の記念一本勝負に出た。外せば地獄、あとは野となれ山となれと度胸を決めたのがよかったのか、◎モンタミール(7番人気)が2着。これも人気薄のゴールデンアイ(11番人気)が勝って馬連1万4750円の高配当を手にしたのだ。

 借り主には倍返し。宿代を払い、土産を買って、それでも懐にはウン十万円が残っていた。

 それからというもの、どういうわけか函館記念はよく的中している。それだけ我ら穴党向きの重賞ということなのだろう。

 データも、そう語っている。このレース、馬単が導入された02年以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは7回(馬連3回)。00年以降の17年間で1番人気馬は2勝(2着3回)、2番人気馬は3勝(2着2回)。まことに人気馬は心もとなく、穴党の出番と言ってよさそうだ。

 今回の顔ぶれも信頼を寄せ切れるだけの馬は見当たらない。

 帯に短しタスキに長し──。何ともつかみどころのないレースだが、それでもデータをひもといていくと、年齢的には充実著しい5歳馬が圧倒的に強いことがわかる。続いて勢いを増す4歳馬の活躍が目立ち、そのあとは6歳、7歳、8歳以上の順。やはり若い馬に目をつけるのが筋と言えそうだ。

 難解だが、最も狙ってみたいのは、レッドソロモンである。充実ぶりが目覚ましい5歳馬で、データからも狙い目。前走の鳴尾記念のあと、ここに照準を合わせて、しっかりと調整されてきたのがいい。

 それというのも力を要する洋芝は合っており、準オープン戦ではあったが、昨年同じ函館の2000メートルで争われた五稜郭Sをモノにしている。札幌戦でも好走経験があり、洋芝との相性がいいのは確かだ。

 昨年の札幌記念は大幅な体重減が響いて大敗(12着)したが、これは参考外にしていい。

 ということで、陣営はかなりヤル気になっている。函館に移動する前の栗東での追い切りの動きは実にリズミカルで、状態のよさは明らかだ。「ひ弱さが影を潜めて、雰囲気が本当にいい。力を出せる仕上がり状態にあるのは確か。楽しみだ」

 とは厩舎関係者が口をそろえるところ。ならば、期待できるのではないか。

 スズカマンボ(天皇賞・春)が近親に、ダンスパートナー(オークス)、ダンスインザダーク(菊花賞)、ダンスインザムード(桜花賞)など活躍馬が一族にズラリといる良血。

 ハンデは、恐らく55キロまで。良馬場なら好走必至と見て間違いなしだ。

 穴中の穴は、パリカラノテガミだ。前走の新潟大賞典は、昇級初戦で馬場も悪く、身上の強烈な末脚が不発に終わったが、それでも不向きな前残りの流れでありながら、そう大きく負けてはいなかった。

 その後は短期放牧でリフレッシュ。ここ目標に丹念に乗り込まれて好仕上がりだ。こちらも洋芝は合っており、軽ハンデ(52〜53キロ)を生かしての“一発”があっていい。