退任を求めているラポルタ

写真拡大

元FCバルセロナの会長ジョアン・ラポルタが現会長ジョゼップ・マリア・バルトメウに対してツイッターで痛烈なメッセージを送っている。ラポルタはバルサの現在の役員たちを「無能」と呼び、「クラブの財産を浪費している」と非難し、「退任させる必要がある」と言及している。

【関連記事:メッシ妻 そっくりさん出現】

3つのうち最初の投稿では「バルトメウと役員は無能であり、クラブのシア財産を浪費し、世界最高の選手を保有するという特権を失っている。」と語っている。
即座にその次の投稿では「汚れた個人ビジネスと些細な決断にもこれ以上我慢できない。」

そして、最後には「恥だ。バルトメウを退任させる必要がある。」と締めくくっている。