学生の窓口編集部

写真拡大 (全3枚)

「殺風景な部屋を少しでもおしゃれな部屋に変換したい!」これは、一人暮らしをしている多くの大学生の望みではないかと思います。でも、方法がわからないという人も多いはず。そんな人のために今回はおしゃれな部屋にするためのおすすめインテリアやレイアウト(配置)のコツなどをご紹介します。


■おしゃれな部屋にするコツって?

関係性から見えてくる貯金力? お金との相性&関係性診断

通学にアルバイトにと忙しい大学生の生活でも、自分の部屋はやはり長時間過ごす場所。快適さはもちろん必要ですが、たまに友達が訪れても「へ〜! おしゃれだね」って言われたいですよね。狭くておしゃれにできないと諦めているのなら、それは間違いです。どんなに狭くてもおしゃれな部屋にするコツがあります。そのコツを以下にお教えいたします。


部屋の広さに合ったサイズや部屋のイメージに合った家具を選ぶ

家具選びはとても大切です。どんなに豪華な家具を購入しても、部屋の広さや雰囲気に合っていないと意味がありません。ひとつの家具だけが主張しすぎるのは、他の部分との対比が際だってしまいマイナスになることもあります。

部屋の広さの3分の1程度の家具の量にする

配置する家具の量も部屋に合った量にしましょう。家具が多すぎると圧迫感が生じます。

部屋の雰囲気(色・テイスト)に統一感を出す。

家具の色やテイストがバラバラの場合、鬱陶しく感じることも。雑然としたイメージにならないよう、統一感を出しましょう。同じ色でなくても色調を揃えると統一感が出ておしゃれな部屋になります。

アクセントカラーを上手に使う。

色調を揃えると、部屋はすっきりしたイメージになりますが、それだけではのっぺりとしたイメージで物足りなく感じることもあると思います。そこでアクセントカラーの出番です。白を基調色とした部屋の場合、どのような色をアクセントカラーにしても合わせやすいですね。アクセントカラーは全体の1割程度までにとどめておきましょう。

フォーカルポイントを作る。

部屋に入ったとき、一番に目線がいく場所にフォーカルポイントを作りましょう。例えば、正面の壁だった場合、壁にお気に入りの絵画やポスターなどを貼るとか、お気に入りのオブジェや観葉植物など、見せたいと思う物をそこに配置します。フォーカルポイントはあなたのセンスが最も問われるポイントです。フォーカルポイントが曖昧にならないように注意しましょう。

生活感のある物は収納(見せない)

高級ホテルの部屋っておしゃれで憧れてしまいますよね。センスがよくてとても素敵に感じます。でもホテルの部屋が素敵なのは、無駄なものや生活感のある物が全くないからです。必要最小限の厳選された物だけが配置されています。ホテルのような部屋にするには無理がありますが、イメージを参考にしてごちゃごちゃした物はできるだけ収納しましょう。

■おしゃれ部屋に激変?! 一人暮らしにおすすめのインテリア



収納タイプのベッド

狭い部屋の一人暮らしに適したベッドはさまざまなタイプがありますが、おすすめなのはベッドの下が引き出しになっているタイプです。跳ね上げ式の場合、収納量は圧倒的に大きいですが、出し入れのしやすさでは引き出しタイプに軍配が上がります。また、跳ね上げ式ベッドの場合、マットを上に上げるのも面倒な作業になってしまうかもしれません。ほかにも、スペースを有効利用するための折りたたみベッドなどは、寝心地の面で問題があるケースも。睡眠は大切なので、寝心地と収納の両方を重視するなら引き出しタイプのベッドがおすすめです。

組み合わせ自由なキューブボックス

見せる収納も隠す収納もキューブボックスで自由自在。こんな収納グッズがあれば部屋がすっきり片付けられます。扉タイプ・引き出しタイプ・棚付きタイプ・オープンタイプ・ワイドオープンタイプなどがあり、1色使いでもツートンカラーでも好きに組み合わせが可能です。個性のある組み合わせで好きな形を作り、あなたのセンスを光らせましょう。

折りたたみ式ローテーブル

一人暮らしでも食事をしたり、お茶を飲んだりするためのテーブルは必需品です。折りたたみ式テーブルなら、必要のないときは折りたたんで部屋を広く使えて便利です。また床に直接座るタイプのテーブルなので、椅子が必要ないためスペースを広く使えます。

機能付きスタンドミラー

大学生でも身だしなみは大切ですね。ミラーは必需品ですが、全身が見えるスタンドミラーに機能性が付加されたタイプがおすすめです。ミラーのサイドに洋服やバック、帽子などが掛けられるハンガーミラータイプや、小物・アクセサリーなどを収納できるタイプもあります。玄関スペースや部屋のコーナースペースに配置しましょう。

フロアスタンド

部屋のコーナーやデッドスペース、ベッドサイドなどにフロアスタンドを配置してみましょう。おすすめは角度調整が自由な3灯タイプのもの。壁やフォーカスポイントに光を照射して、奥行感や広がり感を出すと部屋がぐっとおしゃれな印象になります。必需品ではありませんが、フロアスタンドがあれば部屋が一段と引き立ちます。

大きなデスクが必要ない人にはパソコンデスクキャビネット

大学生でも、あまり大きなデスクは必要がない人という人もいるでしょう。でもパソコンだけは必需品。パソコンデスクキャビネットは、ノートパソコンが収納できるスライド棚が付いていて、ルーターやコード、プリンターなども全部きれいに収納できる優れもの。パソコンを使用するときは、スライド棚を引くだけです。パソコン周辺ってどうしてもごちゃごちゃしてしまいますよね。このキャビネットならすっきり片付きます。ノートパソコンだけでなく、もちろんデスクトップパソコンにも使用可能です。デスクトップパソコンの場合、ディスプレイはキャビネット上部に置き、キーボードを収納することになります。

■おしゃれな部屋を実現する配置(レイアウト)の基本

部屋はレイアウトの仕方によって、同じ広さでも広く感じることも狭く感じることも。次はおしゃれな部屋にするためのレイアウトの基本を以下にご紹介いたします。

部屋の広さ(サイズ)を測る

レイアウトの基本は部屋の広さ(サイズ)を知ることから始まります。
一人暮らしの部屋は6畳程度の部屋が多いですが、そもそも6畳が何cm×何cmなのか知らない人も多いですよね。畳の大きさは江戸間・京間・本間などがあり、それぞれ大きさが異なりますが、だいたい1畳が90cm×180cm程度なので、6畳の広さは270cm×360cm程度となります。近年は何畳という表示はしないで、何平米と記載されていることが多いため余計にわかりにくいですね。部屋によってサイズが異なるため、実際のサイズをきちんと測るようにしましょう。

レイアウトは部屋のサイズ・家具のサイズ・人の動線に必要なサイズなど、全てにサイズの計算が必要になります。まずは、部屋の広さを測らないと、家具を選ぶこともレイアウトすることもできません。

家具はなるべく壁面にまとめ、入口の空間を広くする

家具の配置はなるべく壁面に沿ってひとまとめに配置し、入口付近の空間をなるべく広くとれるようにします。入口付近に床の広がりが見える方が部屋は広く感じることができるんです。

動線を考える

入口から入って、スムーズな無理のない動線を考えます。例えば勉強机の椅子の後ろに家具や壁がある場合などは無理なく椅子を引くことができるか、また、入口からベッドへ、ベッドから机までといった通行に妨げがないかなど、実際に動いてみるとわかりやすいでしょう。

視線を考える

部屋に入ったときの視線、座ったときの視線などを考慮し、圧迫感のないように家具を配置しましょう。視線のすぐ先に背の高い家具などがあるとどうしても圧迫感があります。座ったとき窓から外の景色が見えると開放感がありベストですが、無理な場合は、視線に入る物が観葉植物など落ち着く物やお気に入りの物などを置くといいでしょう。

ファブリックの色や柄が部屋のイメージを左右する

家具を配置しただけではインテリアレイアウトが完了したとはいえません。カーテンや寝具・小物などもインテリアを構成する大切な要素です。特にカーテンや寝具などのファブリック類は、面積が大きいため部屋の印象を大きく左右することになります。1Rや1Kの部屋では、ベース(基調)カラーの次に大きいアソート(配合)カラーとなるため、注意して選びましょう。柄は模様の大きいものを選ぶと、部屋が狭く見えるためなるべく無地や柄の小さなものが無難です。物足りない場合はクッションなどをアクセントにしてみましょう。

フォーカルポイントの作り方

そもそもフォーカルポイントって作り方がわからない、効果的に作るのは難しいと考えている人も多いでしょう。難しく考える必要はありません。フォーカルポイントとは、目を引くポイントのこと。日本間なら床の間、洋間なら暖炉がこれに当たります。床の間には掛け軸や生け花を置きますね。暖炉の上には額縁や置物を飾ることが多いようです。

同じような感覚で、見せたい物や見たい物を配置するだけなのですが、置き方には注意点もあります。まず背景の色とのバランスを考えましょう。背景が壁の場合と背景が窓の場合では必然的に置く物が違ってきます。窓から外の景色が見える場合は、外の景色を借景として観葉植物などを置くと効果的です。背景が壁の場合は、壁そのものを装飾的にする方法もあります。お気に入りの写真などを額に入れて複数飾るのもいいですし、帽子やアクセサリーなどのコレクションを壁にかけて飾ってみるのもいいでしょう。壁にポイントクロスを貼って背景を変えることもできます。また、おしゃれなウォールシェルフやチェストの上にお気に入りを飾るのもいいでしょう。ポイントは色のバランスと大きさ、量。何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。たった一つの物でも充分に目を引くことは可能です。

おしゃれな部屋を作るためのインテリアのコツをご紹介しました。インテリアにはこれが完璧だというものはありません。それぞれに好みが違うように美しいと感じる感覚も人によって違います。近年話題になっているインテリアスタイルにTackyがあります。Tackyは「悪趣味な」という意味ですが、今まではミスマッチとされていたような配色やテイストの違いを敢えて取り入れたスタイルです。インテリアはさまざまなスタイルに挑戦するのも面白く楽しいもの。基本を外すのも個性かもしれません。失敗しても臆することなく挑戦してみてくださいね!

文:宮崎ゆう(ナレッジ・リンクス)