「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」イメージ

株式会社ポケモン(The Pokémon Company)は12日、ポケモンGOのリリース1周年を記念する世界各地でのイベントについて発表した。

 

ポケモンGOは2016年7月6日のアメリカなどを皮切りに全世界でリリースが開始され、日本では7月22日に利用可能になった。様々な場所にポケモンが現れ、レアポケモンが登場するエリアは“巣”と呼ばれて多くのトレーナーが集まるなど、社会現象にもなった。

 

最初のバージョンでは142種類(日本版)だったポケモンも、アップデートにより金銀のポケモンが加わり、234種類まで拡大。ジムではレイドバトルがスタートしてプレイを続けてきたトレーナーたちは再び盛り上がりを見せている。

 

リアルワールドイベントは、まず7月22日にアメリカのシカゴで「グローバルチャレンジ」を開催。シカゴ現地にいるトレーナーが特定タイプのポケモンを捕まえると世界中のトレーナーへのボーナスが開放。ポケモンのタイプによって「タマゴ」がかえるまでの距離が減ったり、手に入る「ほしのすな」のボーナスが増えたりする。世界のトレーナー達もポケモンを多く捕まえることでシカゴのトレーナー達によって開放されたボーナスの持続時間を延長できる。また、世界で一定数以上のポケモンがゲットされると、シカゴ開場で不思議なイベントが発生する。

シカゴでのイベントイメージ

ヨーロッパでは8〜9月にかけて、7カ国のショッピングモールなどで「Pokémon GO Safari Zone」を開催。普段は登場しないポケモンが登場したり、ジムに強力なボスポケモンが登場したりする。

「Pokémon GO Safari Zone」イメージ

日本では8月9日〜15日に神奈川県横浜市のみなとみらいエリア一帯で街型イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」を開催。Pokémon GO ならではの特別体験を用意。詳細については近日中に「ポケットモンスターオフィシャルサイト」で発表するとしている。

ディズニーのパレードのようなイベントも

発表資料

URL:http://pokemongo.nianticlabs.com/ja/post/gosummerevents

 

「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」

URL:http://www.pokemon.co.jp/info/2017/05/170524_e01.html

2017/07/13