ドレイク・スタジアムで練習するマンチェスター・ユナイテッド【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドがプレシーズンのトレーニングを始めたアメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で緊急事態が発生した。スペイン『アス』など複数メディアが伝えている。

 地元メディアの報道によると、キャンパス内のレクリエーションエリアに爆発物があるという知らせがあった。そのため、22時に緊急警報が鳴り、施設内に住む学生などが避難している。「緊急警報:ドレイク・スタジアムに避難してください」という情報がSNSで拡散され、多くの人がスタジアムに避難している。

 その後、警察が警察犬を連れて捜査を行ったが、爆発物などは見つかっていないという。

 UCLAでプレシーズンのトレーニングを行っているレアル・マドリーとユナイテッドは、この騒動に巻き込まれていない模様とのことだ。

text by 編集部