文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、事実上の政権引き継ぎ委員会の役割を果たす「国政企画諮問委員会」の金振杓(キム・ジンピョ)委員長らと青瓦台(大統領府)で会合を開き、政府機関別の国政課題のロードマップを策定した上で、常に確認できるよう青瓦台が全体のチェックリストを作成するよう指示した。

 金委員長は会合で、良質な雇用創出と所得主導の成長、人工知能(AI)など第4次産業革命への対応、少子化の克服、中央と地方の均衡発展という韓国社会が解決を急ぐべき「4大複合革新課題」や「20大国政運営戦略」、「100大国政運営課題」を盛り込んだ国政運営5カ年計画を正式に報告した。青瓦台が最終的に調整し、19日ごろ国民向けに発表する方針だ。
 100大課題は文政権が最優先の国政課題に位置付ける雇用創出対策や検察など権力機関の改革など、文大統領が掲げた公約をまとめた。
 情報機関・国家情報院の国内政治への介入を禁じ、「海外情報院」として改編することや、授業料などを国が負担する高校無償教育なども盛り込まれるとの見方が多い。
kimchiboxs@yna.co.kr