▽日本サッカー協会(JFA)は13日、筑波大学サッカー部のFW中野誠也(21)を、6月19日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のジュビロ磐田では、背番号「37」を着用する。

▽中野は、磐田のユースから筑波大学へと進学。現在、天皇杯で旋風を巻き起こしている筑波大学では、FWとしてレギュラーで活躍。前日に行われた天皇杯・3回戦アビスパ福岡戦では、今大会通算5点目となる2得点を記録し、勝利に導いている。

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。