犬の目の色いろいろ

目の色は、メラニン色素が関係しています。加齢による老化で毛色が退色してくると、目の色も薄く退色することがありますが、目の色が薄いからといって視力などに影響はありません。

黒い目の犬

多くの犬の瞳の色は黒です。日本犬も瞳の色は黒です。

茶色い目の犬

瞳の色が茶色の犬は、毛色が茶系の犬に多いようです。

目の色がグレーやグリーンの犬

毛色が薄いグレー、ブルー、イザベラの犬に多いようです。

目の色がブルーの犬

シベリアンハスキーやアラスカンマラミュートなどの北方系の犬種に多く見られ、毛色に関係なく、目はブルーです。

オッドアイやマーブルアイ

目の色が左右で違うことを「オッドアイ」といいます。
オッドアイは、「虹彩異色症」ともいわれ、遺伝的な理由と後天的な理由によりなるといわれています。
遺伝的な理由としては、毛色の薄い(白い)犬は、色素細胞を抑えるための遺伝子が働くのですが、その際に毛だけでなく目にも影響が及んでしまったためとみられています。
また後天的に怪我や病気などによって目の虹彩を損傷することで、メラニン色素が正常に作られなくなることでオッドアイになることがあります。目の病気「緑内障」もそのひとつで、目の中を満たす房水による圧力が異常に高くなることで虹彩が損傷すると目の色に変化が生じます。
「オッドアイ」はシベリアンハスキーに比較的多く見られますが、シベリアンハスキーのオッドアイは例外的に「虹彩異色症」にあたりません。日光照射の少ない北で生まれたシベリアンハスキーは、元来メラニン色素が少なく目は青いのですが、日光照射の多い地域に移動してからメラニン色素の多い茶色い目になったと考えられ、オッドアイの要因は環境変化だとされているからです。シベリアンハスキーのオッドアイは犬種標準として認められています。
また、目の中で茶色と青が混ざった「マーブルアイ」という目の色もあります。

目の遺伝的疾患について

シェットランドシープドッグやボーダーコリー、ダックス・フントなどの犬種には、ブルーマールという毛色があります。本来ならば黒いはずの毛の部分がまだら模様になっている毛色のことをいいます。
このまだら模様にするために働きかけるマール遺伝子を持つ犬同士を交配させると、4分の1の確率でダブルマールと呼ばれる遺伝型の犬が生まれ、このダブルマールを持つ犬は、先天的に聴覚や視覚に異常を持つ傾向にあります。
ダブルマールの犬の瞳の色は非常に薄い水色で、ひどいと眼球が小さかったり、なかったりします。視力はほとんどなかったり、盲目の場合もあります。聴覚もほとんど聞こえない個体が多く、マール毛色同士の交配は、ブリーディングの世界的ガイドラインではNGとなっています。

目の色が変わったら病気かも!?

なんだか白っぽくなった、透明になったら白内障かも

犬の目の表面が白っぽく感じたり、透明になったと感じたら白内障かもしれません。白内障は水晶体が白く混濁した状態になる目の病気です。次第に視力が低下してしまいます。
老化が原因の場合が多いため、シニア犬を飼っている方は注意して見てください。
白内障は完治することができませんが、進行を遅らせる治療がありますので早期発見が重要です。

目が青色になったら角膜が浮腫を起こしているのかも

犬の目が青色になったときは、イヌ伝染性肝炎による角膜炎を疑います。
イヌ伝染性肝炎は目の病気ではなありませんが、ウイルス性の肝炎で食欲不振や高熱、下痢嘔吐などの症状が数日続きます。回復期に角膜が浮腫みを起こすと青白く濁ることがあり、「ブルーアイ」と呼ばれています。放っておくと緑内障や角膜潰瘍に進行することがありますので、経過を注意深くみて、数日経っても治らないようだったら動物病院を受診しましょう。

まとめ

瞳の色といえば、猫もきれいですよね。
猫の瞳の色は、生まれたときは猫種に関係なくみんな青色で、生後2,3カ月でメラニン色素が作用しだし目の色が出てきます。
猫の瞳の色と言えば何色でしょうか、大まかにわけても、なんと10種類もあるんだとか。青、緑、黄色、褐色、ガラス玉みたいで美しいですね。

さて犬の瞳の色について紹介しましたが、瞳の色はそれぞれの犬種の原産地に関係しそうです。日光照射量によってメラニン色素の量が違うのは人間も同じです。高緯度地域の人たちは、肌の色が白く、眼の色はメラニン色素の少ないブルーやグリーン、赤道直下では、肌は褐色で瞳の色は黒ですね。