ヒロインに決まったカトリーナ・ロー
 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 テレビドラマ「ARROW/アロー」でナイッサ・アル・グールを演じたカトリーナ・ローが、法律を遵守させる立場にある警察関係者から成るギャングを描いた新ドラマ「ザ・オース(原題) / The Oath」でヒロインを演じるとDeadlineなどが報じた。

 ザ・レイヴンズと呼ばれるギャングは、メンバーに加わるのが不可能に近いほど難しいが、一員になれば、お互いを守るためには何でもするという忠誠心の強い組織。カトリーナは唯一の女性警官メンバーであるカレン・ビーチを演じる。マッチョな男性メンバーに負けないため、過度にタフさを強調する傾向があるほか、ライバルの警察ギャングのメンバーと禁断の恋に落ちるそうだ。

 ほかには、映画『パージ:大統領令』でマルコスを演じたジョセフ・ジュリアン・ソリアの出演も決定。彼は警察ギャングのリーダーとなるスティーヴ・ハモンド(ライアン・クワンテン)の親友で、ギャングのナンバー2になるピート・ラモス警官を演じる。(澤田理沙)