アン・ジェヒョン「再会した世界」撮影現場での真剣な眼差しに“視線釘付け”

写真拡大

SBSの新水木ドラマ「再会した世界」でアン・ジェヒョンがシェフに変身した。

アン・ジェヒョンは「再会した世界」でハンサムな容貌と親近感のある性格をもつレストランのオーナーでメインシェフのチャ・ミンジュンを演じる。チャ・ミンジュンは自身のレストランでアシスタントとして働いているチョン・ジョンウォン(イ・ヨニ) へのストレートなラブストーリーを繰り広げる予定だ。

13日、アン・ジェヒョンがキッチンを陣頭指揮する現場が公開された。彼は鋭い目つきでお皿に盛られた料理の状態をチェックし、料理が盛られたお皿の周りを丁寧に磨いている。

アン・ジェヒョンのシェフ変身は8日、ソウル市江南(カンナム) 区清潭洞(チョンダムドン) にあるSMTソウルレストランで行われた。実際に料理に関心が多いアン・ジェヒョンは、自ら食材の買い出しに行き、料理の練習をするなど、チャ・ミンジュン役をこなすために人一倍の準備をしたことが分かった。

制作陣は「アン・ジェヒョンの演技への情熱に驚くことが多い。実際、同じリハーサルを進行することはもちろん、撮影した後自分の演技を丁寧にチェックするなど、演技への情熱を燃やしている」とし「完璧なシェフに生まれ変わるために渾身の力を注いでいるアン・ジェヒョンに多くの関心をもってほしい」と伝えた。

「再会した世界」は19歳の青年と、同年に生まれた友人である31歳の女性のラブストーリーを描いたドラマだ。19日午後10時、韓国で初放送される。