「青じそ風味のえび天」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:吉田瑞子 撮影:原ヒデトシ

写真拡大

そうめんなどと合わせても便利な天ぷら。子どもからお年寄りまで人気の料理ですが、脂っこく感じてしまうことも。今回はそんな天ぷらに、爽やかな香りの青じそを合わせたレシピをご紹介します。

ほかにもいろいろ!「天ぷら」のレシピ

■ 【青じそ風味のえび天】(457kcal、塩分1.8g、調理時間15分)

<材料・2人分>

えび 6尾、エリンギ 1本、青じその粗みじん切り 6枚分、レモンのくし形切り 2切れ、ころも(溶き卵 1個分、小麦粉 1カップ、冷水 3/4カップ)、揚げ油、小麦粉、塩

<作り方>

1. えびは尾を残して殻をむき、背に包丁で切り目を入れて背わたを取り、腹側の筋を2〜3カ所切ってまっすぐにする。エリンギは6つ割りにする。揚げ油を高温(約180℃)に熱する。

2. ころもの材料を合わせ、しそを加えて混ぜる。えびの尾以外に小麦粉を薄くまぶし、ころもをからめ、揚げ油に入れてカラリと揚げる。続けてエリンギも同様にして揚げる。いつもの天ぷらごろもにしそを混ぜて、風味よく、見た目にも変化をつけて。

3. 2を器に盛り、塩適宜、レモンを添える。

えび天のサクサク感を青じその風味が引き立てます。エリンギのプリッとした食感がアクセントになっていて、レモンを絞って食べればさらに美味。刻んだ青じそをそのままえび天にふりかけると風味が増しますよ。

■ 【白身魚の青じそ天ぷら】

魚の白と青じその緑、ころものきつね色がよく映える1品。ころもは混ぜすぎないほうがおいしく仕上がります。

■ 【豚天】

青じそと梅干しでさっぱりした豚天は女性にもおすすめ。ポン酢をつけてもおいしいですね。

■ 【納豆のふんわり天】

すりおろしたおいもと納豆を混ぜ、しそで巻いて揚げました。ふわふわなおいもと青じその香りがクセになります。

■ 【かじきの梅しそ天ぷら】

パサパサしがちなかじきですが、梅干しとしその水分でふっくらと仕上がっています。お酒のおつまみにもどうぞ。

風味のいい青じそは、どんな食材の天ぷらと組み合わせても相性抜群です。青じその緑がきれいに見えるので、お客さんに出すときにもおすすめです。