昨季躍進アタランタ、原動力となった“10番”と2022年まで契約更新

写真拡大

 アタランタは12日、アルゼンチン代表FWアレハンドロ・ゴメスとの新契約締結を正式発表した。

 アントニオ・ペルカッシ会長をはじめとする幹部全てと、選手本人とその代理人を務めるマウリツィオ・スカッカバロッツィ氏が最終交渉を行い、2022年6月30日までの契約に合意した。

 また、年俸は、イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』によると、200万ユーロ(約2億6000万円)になるという。

 昨シーズンのセリエAで躍進を果たし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したクラブにとって、その原動力となったゴメスの契約更新は非常に嬉しいニュースだろう。

 現在29歳のゴメスは、2010年に母国のサンロレンツォからカターニャに加入。2013年にはウクライナのメタリストでプレーするが、翌年にはアタランタに移籍し、イタリア復帰となった。昨シーズンのセリエAでは、37試合に出場し、自身初の二桁得点となる16ゴールをマーク。4位と躍進したチームを牽引していた。自らも初めてアルゼンチン代表入りを果たし、6月13日のシンガポール戦で出場している。