モテ基礎力!「この子、いいな」と思わせるカンタン印象アップ術

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!


合コンに行ったり、友達から紹介してもらったり。出会いはあるはずなのにうまくいかない!という人は、もしかするとちょっとしたことで印象を下げてしまっているかも? 


そこで今回は、誰にでもすぐにできる、簡単な印象アップ方法をご紹介します!

■1.口角を上げる


口角が下がっていると、不機嫌そう、怖そうと思われがち。口角を上げるだけで明るく柔らかい印象になります。また、表情を明るくすることで気分もつられて明るくなり、自然と会話を楽しめるという効果も!
日頃から口角を上げるクセをつけましょう! 口元を鍛えるエクササイズをしたり、専用グッズを使ったりするのもいいと思います。


でも1番大切なことは、日々意識すること。いい表情が習慣づけられれば、第一印象もアップです!

■2.語尾を丁寧に言う

言葉遣いは人の印象を大きく左右しますから、汚い言葉を遣わないことはもちろん大切。でも言葉遣いに気を付けているのに、なぜかガサツな印象を与えてしまうことがあります。


それは、語尾が雑な場合。例えば「〇〇ですー」と語尾を伸ばしたり、「〇〇だからっ」と語尾を強めに言い放ったりすると、言葉そのものは綺麗でも、全体的に下品な印象になってしまいます。語尾を丁寧に言うようにすると、話し方がとても綺麗に聞こえますよ!

■3.「ごめんね」より「ありがとう」をつかう

悪いことをしてしまったときは、当然「ごめんね」と素直に謝ることも必要です。でも何かしてもらったときにも「ごめんね」と言う方ってとても多い気がします。


「手を煩わせてごめんね」「気を遣わせてごめんね」という意味が込められているのでしょうが、申し訳なさそうに「ごめんね」と言われた側は、好意を受け取ってもらえなかったように感じることも。


自分が何かしてあげたときに「ありがとう」と素直に喜んでもらえると、こちらも嬉しくなって相手にいい印象を抱くものです。だからなるべく、本当に謝罪が必要なとき以外、「ごめんね」ではなく「ありがとう」と伝えるようにしましょう。そしてそのときは、とびきりの笑顔で言ってみてくださいね。

■4.声のトーンを明るくする

人の印象を決める約4割が声だと言われています。当然、長く付き合っていくには話す内容や人柄を重視するでしょうが、合コンなど、初対面では、どんなことを話すかよりも、どんなトーンや口調で話すかのほうが重要。


暗い印象を持たれやすい方は、ぜひ声のトーンを明るくしてみてください。それだけでずっと印象が良くなると思います。


これと一緒に口角を上げるクセがつけば、より効果は高まるでしょう。表情と声が明るくなるだけで、印象はとても良くなるはずです。

■おわりに

どれもちょっと心がければ簡単にできることばかりだと思います! もちろん大切なのはテクニックだけではありませんが、ほんの些細なことで悪い印象を持たれてしまうなんてとても損。中身を知ってもらうチャンスを掴むためにも、ぜひ意識してみてください! (愛子/ライター)


(ハウコレ編集部)