BIGBANGのG-DRAGON、ソロワールドツアーのシアトル公演を盛況裏に終了…北米でのツアーがスタート

写真拡大 (全2枚)

BIGBANGのG-DRAGONがワールドツアー「ACT III, M.O.T.T.E」の北米地域・シアトル公演を盛況裏に終了した。

11日、G-DRAGONはアメリカ・シアトルでその名に相応しいパフォーマンスを披露した。世界各国から集まったファンは公演開始前から長蛇の列を成し、数々の応援グッズを振った。

この日「Heartbreaker」「A Boy」などでオープニングステージを飾ったG-DRAGONは「ここまで来られたのはファンの皆様と一緒だったからだと思う。ワールドツアーを開催することになり、とても光栄に思う」と感想を伝えた。

また公演の途中にステージの下に行き、ファンと目を合わせ、ハイタッチをするなどファンに特別な愛情を見せた。

G-DRAGONは自身だけの個性に満ちたステージと共にスペシャルインタビュー映像と特殊効果などでさらに見所満載なステージを披露した。

そして「THIS LOVE」「CROOKED」、そして最近発売したソロアルバムのタイトル曲「無題」など様々なヒット曲を披露し、ソロツアー北米地域初の公演を終えた。

G-DRAONGは14日、サンノゼでソロツアーを続けていく。