DJキャレド、最新ALジャケットで着用のお揃いスーツなどを販売 収益の一部を寄付

写真拡大

 DJキャレドが2017年7月11日、自身の衣装など28点をアメリカのファッション・フリマサイトPoshmarkに出品した。高校生が学校を卒業するよう働きかける非営利組織Get Schooledと協力して始めた自身のWin More Musicキャンペーンに収益の一部を寄付するそうだ。

 ほとんどが既に売れてしまっているが、今回の目玉とも言えるアイテム、ニュー・アルバム『グレイトフル』のジャケットで息子のアサド君とお揃いで着用していた水色のサテン・スーツは現在も販売中で、彼のは2,250ドル(約25万円)、アサド君のは1,350ドル(約15万円)だ。

 また、ジェットスキーで帰れなくなってしまった一部始終をSnapchatで公開し、その映像がネットで拡散された結果、彼が再びメインストリームで注目されるきっかけとなった出来事の際に着用していたヤマハのライフジャケットも5,000ドル(約57万円)で売りに出されている。


◎DJキャレドによる投稿
https://www.instagram.com/p/BVP0CLsgcSb/