すでに7月1日よりアメリカで始まっているAppleの国立公園支援キャンペーンですが、同様のイベントを日本でも実施することが分かりました。Apple Watchを用いて7月15日に3.5マイル(約5.6キロ)以上の距離を歩くことで、特別なバッジやステッカーを入手できます。

15日は国立公園チャレンジに参加しよう!

13日より、Apple Watchのアクティビティアプリを確認すると、日本でも「国立公園チャレンジ」という項目が確認できます。
 
これは、2017年7月15日に限り、イエローストーン国立公園内に設けられているハイキングコース(オールドフェイスフルからマラード湖間)の距離に等しい3.5マイル(5.6キロ)をウォーキングかランニング、車椅子での走行を完了することで、特別なバッジやステッカーが貰えるというキャンペーンです。
 
ステッカーは、ヨセミテやグランドキャニオン、グレイシャーなどの有名な国立公園を模したと思われる、4種類が用意されています。
 

 
なお、こうしたチャレンジは定期的に開催されており、今年も年初の「謹賀新年チャレンジ」を筆頭に、「母の日チャレンジ(アメリカのみ)」「アースデイチャレンジ」などが発表されています。
 
 
Source:Macお宝鑑定団Blog
(kihachi)