スマートスピーカー「WAVE」イメージ

LINE株式会社は、NAVERと共同開発したAI「Clova」(クローバ)を搭載したスマートスピーカー「WAVE」(ウェーブ)について、7月14日から先行体験版の予約を開始する。

 

AI「Clova」の特設サイトでは、その機能を紹介。音声により起動して、天気情報の通知を始め、LINEを起動して相手とのトークをしたり、テレビ電話的に使ったり、ディスプレーでLINEのキャラクターが色々な情報を伝えたりと、様々な機能を搭載する。

「WAVE」以外のデバイスにも「Clova」が搭載されることも

以前の発表では今回の先行体験版は音楽再生に機能を絞ったものとするとしており、4000万曲が聴き放題のLINE MUSICに対応するモデルと見られる。価格は1万円(税別)で発送は今夏の予定。

 

秋には完全版が1万5000円で発売予定。「Clova」(クローバ)の動画では、サリー(ひよこ)型のものや、ディスプレイを搭載したモデルも紹介されていたので、どのような形のものが出るのか、注目だ。


「Clova」

URL:https://clova.ai/ja

2017/07/13