平手友梨奈、中高生にメッセージ「人生一度きり 楽しんでやろうじゃん」

写真拡大 (全9枚)

 欅坂46の平手友梨奈が、10代限定の夏フェス『未確認フェスティバル2017』の応援ガールに決定。13日、タワーレコード渋谷店のイベントに登場した。

 今回は3199組の応募があり、2次審査に進んだのは103組。ここから音源のリスナー審査をへてライブステージは33組に絞られている。8月にファイナルステージが予定されている。グランプリには100万円とタワレコでCD販売となる。

 応援ガールには、永野芽郁、橋本奈々未などが名を連ねている。平手は「
ここに私が並んでいいのかなと思った。デビューしてもそんなにたってないのに……」応援ガールの就任について感想を語った。

 欅坂46に入ろうと思ったきっかけについてもMCから質問がとんだが、それには「アイドルになりたいという気持ちではなく、自分を変えたくて……自信はないけど挑戦してみようかなと思いました」と回答。欅坂46がアルバム発売やツアーもはじまる。「ホントに(会場が)全部うまるのかなとか……、フェスに出演させていただくことも多くてちょっと不安です」とコメントした。

 なお、応援のメッセージとして「人生一度きり 楽しんでやろうじゃん」という言葉を披露。「楽しんでもらいたい。私も欅坂の活動楽しんでやってるし、楽しまなきゃ損。一緒に頑張っていきたいです」「高校生とか中学生とか辛いことがたくさんあるんですけど、一緒に頑張りたいし、勇気を与えるきかっけになりたい」と話した。