シン・ハギュン&EXO ディオ主演映画「7号室」キャラクターポスターを公開…強烈なビジュアルに“視線集中”

写真拡大 (全2枚)

シン・ハギュンとEXO ディオの共演で注目を集めた映画「7号室」が本日(13日)「第21回富川(プチョン) 国際ファンタスティック映画祭」の開幕を迎え、強烈なビジュアルで視線を奪うキャラクターポスターを公開した。

「7号室」は、ソウルにある潰れかけのDVD鑑賞室「7号室」にそれぞれの秘密を隠しているDVD鑑賞室の社長とアルバイト生が、段々複雑に絡み合っていく状況を抜け出すために奮闘するストーリーを描いた映画だ。

本日(13日) から開かれる「第21回富川ファンタスティック映画祭」のオープニング作品に選定され、予約開始30秒で全席完売を記録した「7号室」が、観客たちの映画に対する高い関心と期待に後押しされ、キャラクターポスターを公開した。

公開されたキャラクターポスターは、ネオンサインで描かれた「7」と、それぞれの秘密を持つシン・ハギュンとディオの強烈な眼差しで視線を奪う。

まず、DVD鑑賞室を一日でも早く処分するために奮闘する、DVD鑑賞室の社長ドゥシクのキャラクターポスターは、1から10まで複雑に絡み合っていく状況に置かれた、もどかしい感情をそのまま表している。シン・ハギュンは、誰にも言えない秘密が隠された「7号室」を閉めなければならないドゥシクの、複雑で立体的な感情をリアルな演技で披露する予定だ。

続いて、学資金ローンを返すためにDVD鑑賞室で働く、休学中のテジョンのキャラクターポスターは、淡々とした表情と鋭い眼差しで、人々の好奇心をくすぐる。ディオはなんとしてでも「7号室」を続けていかなければならない人物らしい、切実さや固い意志を繊細に表現し、これまでの晴々した純粋なキャラクターとは違う、新たな魅力を披露する予定だ。

謎の空間「7号室」に隠されたそれぞれの秘密と、複雑に絡み合っていく状況の中の二人の男性の姿を詰め込んだ「7号室」のキャラクターポスターは、店を畳まなければならないDVD鑑賞室の社長と、営業を続けなければならないアルバイト生の間の張り詰めた緊張感を与え、映画に対する期待感を高めた。

また「7号室」は「富川国際ファンタスティック映画祭」を訪れた観客を対象に、キャラクターポスターが描かれた夜光はがきを配る予定だ。

個性溢れるキャラクターや興味津々なストーリー、シン・ハギュン&ディオの新鮮な出会いで期待を高めている映画「7号室」は、2017年下半期に公開する予定だ。