12日、2020年東京五輪出場を目指すサッカーのU−20(20歳以下)中国代表が、ドイツ4部リーグに相当する地域リーグに参戦する案について、所属クラブの大多数が同意したことが分かった。写真中国のサッカーファン。

写真拡大

2017年7月12日、新浪体育によると、2020年東京五輪出場を目指すサッカーのU−20(20歳以下)中国代表が、ドイツ4部リーグに相当する地域リーグに参戦する案について、所属クラブの大多数が同意したことが分かった。

ドイツ4部は5つのグループに分かれているが、受け入れるのは南西部の「ズュートヴェスト」。ドイツメディアのsport1によると、所属19クラブのうち14クラブが11日の会議で中国代表の参加を承認し、その後、さらに1クラブが承認した。

U−20中国代表はシーズンの後半戦から参加するという。対戦するクラブには中国サッカー協会から1万5000ユーロ(約194万円)が支払われるほか、中国代表との試合結果はリーグ成績に加算されない。

U−20中国代表の参加をめぐっては複数クラブから反対の声が上がっているとも伝えられていた。(翻訳・編集/柳川)