画像提供:マイナビニュース

写真拡大

音楽ストリーミングサービス・Spotifyをきっかけに海外で話題を呼んでいる日本人エレクトロ・デュオのAmPm(アムパム)が、8月9日にインドネシア・ジャカルタ国際展示場で開催される音楽イベント「SPOTIFY ON STAGE」に出演することが13日、発表された。

AmPmは今年4月、デビューシングル「Best Part of Us (feat. Michael Kaneko)」をストリーミングでリリースした謎の日本人エレクトロ・デュオ。日本国内では無名の新人ながら、楽曲のクオリティに注目した世界各国の「Spotifyキュレーター」がさまざまなプレイリストで取り上げたことがきっかけで、海外の熱心な音楽ファンの心をつかんだ。

楽曲を気に入ったSpotifyユーザーがSNSで積極的にシェアしたことで短期間のうちに人気が広がり、同曲の再生回数はリリースからわずか4カ月で500万回を突破。その9割以上が国外で再生されるなど海外で人気が高まっていることから、アジアやグローバルの旬なアーティストが一堂に会するイベントの出演者6組の中に選出された。

このことを受け、AmPmは「Spotifyというグローバルな音楽ストリーミングサービスが登場したことによって、無名のアーティストであってもヒットを生み出せる可能性が広がりました。音楽の目利きであるキュレーターによるプレイリストや、アルゴリズムに基づくパーソナルなおすすめなどを通じ、国境を越えて適切なリスナーに音楽を届けられるようになった今、アーティストはグローバル市場を意識した戦略を立てることが可能になりました。今回のライブ出演により、アジアの音楽ファンのみなさんに楽曲を聞いていただけることを嬉しく思います」とコメントを寄せている。

「SPOTIFY ON STAGE」は、Spotifyがアジアで初めて開催する音楽イベント。入場は無料で、インドネシアの13歳以上のSpotifyユーザーであれば、特設サイトから応募することができる。AmPmのほか、NCT127(韓国)、DNCE(アメリカ)、Dipha Barus(インドネシア)、Isyana Sarasvati(インドネシア)、Raisa(インドネシア)が出演する。