宮里藍【写真:Getty Images】

写真拡大

13日開幕全米女子オープン…悲願のメジャー制覇へ決意「やれることはやりました」

 海外女子ゴルフのメジャー大会、全米女子オープン(米ニュージャージー州)が13日に開幕する。今季限りで引退する宮里藍(サントリー)は、悲願のメジャー制覇をかけた“最後の全米”。12日にインスタグラムを更新し、爽やかな笑顔とともに「あとはやるだけ」と意気込みを明かしている。

 最後まで宮里藍は宮里藍を貫く。

 投稿した記事では、コーチのピア・ニールソンとリン・マリオットとの3ショット写真を掲載。その真ん中でなんとも宮里らしい自然な“藍ちゃんスマイル”を見せている。

「今週はピアとリンが来てくれています! 2人いると、本当に自分が考えている事がクリアになって、頭と心がスッキリします! そして何より、ハッピーになれる! いつもありがとう」

 このようにつづり、宮里を支えてくれた援軍を紹介している。頼もしいパートナーとともに挑む“最後の全米”。意気込みも十分のようだ。

「調整をこなして明日は後はやるだけ!!」、ファンからもエールが続々と…

「順調に調整をこなして明日は後はやるだけ! 天気も持ってくれますように…!!」

 状態自体は良好の様子で、ハッシュタグには「やれる事はやりました」「あとはやるだけ」と添えた。万全の調整を経て、あとは13日の初日を待つばかりだ。

 ファンからもコメントでエールが多く投げかけられた。

「最後のUS OPEN楽しんで」

「藍ちゃんらしく」

「悔いの残らないようにやりきって下さい!!」

 笑顔で迎える最後の全米オープン。果たして、どんな結末を迎えるのか。最後の瞬間まで最高の笑顔でプレーできるよう、ファンも願っている。