KNKからSNUPERまで、ボーイズグループが7月にカムバック!“女心はどこに?”

写真拡大

戻ってくる。恋人のような3つのボーイズグループが。

13日、KNK側はメンバーのキム・ジフン、チョン・インソン、オ・ヒジュンを捉えたソロ予告映像を公開した。映像には苦しみながら涙を流すキム・ジフン、チョン・インソン、オ・ヒジュンが映っている。これまでより感情の表現が深くなったKNKの姿が、ニューアルバムへの期待を高めた。KNKのニューアルバム「GRAVITY,Completed」のリパッケージバージョンは20日に発売される。

同日、SNUPER側はニューアルバム「流星- SNUPER 4th Mini Album Repackage」のコンセプトイメージのソロカットを公開した。夏の雰囲気を活かした同写真は、メンバーたちのそれぞれの雰囲気を届けた。落ちる流星を見て祈ると願いが叶うという意味を込めて、SNUPERが人々に幸運を運ぶという思いでカムバックする。「流星」は20日午後6時に発売される。

VOISPERは13日午後6時、ニューシングル「惚れたかな」をリリースする。「惚れたかな」は、初々しくときめきいっぱいのラブストーリーを盛り込んだミディアムテンポのナンバーだ。愛を確認するために勇気を持って近づくという歌詞を、VOISPERの豊かなハーモニーで歌った。これまでの切ない感性のR&Bバラードではなく、明るい曲を届ける。