【詳細】他の写真はこちら

ローランドは、アコースティック・ギターなどを演奏する際に、本格的で多彩なパーカッションのリズム伴奏を加えて、セッション感覚で演奏を楽しめるリズム・パートナー『DR-01S』をBOSSブランドで2017年10月に発売します。価格はオープン。



『DR-01S』では、従来のリズム・マシンのように演奏パターンをプログラムする作業は必要なく、好みの音色やリズムのバリエーションを選び、テンポや音量を調整するだけの簡単操作でリズムに合わせて演奏できるんだそう。

本体にはシェーカー、タンバリン、マラカスや、カホン、コンガ、ボンゴ、さらにはドラムセットまで、アコースティック楽器と相性の良い18種類のパーカッション音色を搭載。内蔵パターンのバリエーションは、シンプルで汎用性の高いものが用意されているので、さまざまな曲やジャンルに対応できそうです。

そのほか、練習に便利なメトロノーム機能も搭載しており、さらに再生が始まる前にカウント音を鳴らしたり、リズムを止めた際に音をフェード・アウトさせたりする演出も手軽に行えます。





関連サイト



『DR-01S』製品情報ページ

ローランド株式会社 公式サイト